カートをみる 会員ページへログイン(新規登録もできます) ご利用案内・ポイントについて お問い合せ サイトマップ
RSS
8,000円以上お買上げで送料無料 会員登録でポイントたまります 

セレクタ社(Selecta)

セレクタ社(Selecta)について

セレクタはドイツ南部のミュンヘンに近い田園風景の中にあります。1968年創立ですからまもなく創業40周年を迎えますが、変動するドイツの玩具業界にあってもその社名とシンボルマークにこめられた哲学に変わりはありません。Selectaとは「厳選されたもの」という意味のラテン語から引用されました。そしてシンボルマークにご注目ください。球形にも輪にもみてとれるマークに象徴的に託されたものは、命の恵みをもたらしてくれる太陽、木、軽やかでしなやかな動き、丸みをおびた柔らかな形のセレクタ製品そのものなのです。この哲学の発展に組み込んできました。それではセレクタのこだわりについてお話しましょう。

木にこだわる

セレクタがもっとも大事にしていること、それは「自然素材」とくに「木」にこだわるということです。太陽の恵みとエネルギーを葉で吸収し、木はこのエネルギーを幹にそして枝に蓄えます。木のおもちゃに接するとき、幼い子供も自然のもたらすこのエネルギーと暖かさを、知らず知らずのうちに手に取り吸収していることでしょう。
何百年という時を単位に、いきものに生命を授ける力を蓄えた木。自然の持つ数ある不思議のなかでも、木はとりわけ大きな謎を秘めた自然からの贈り物ではないでしょうか。この自然のもつ不思議な力を子ども部屋にもたらし、その力と恵みに接するすばらしさをセレクタは何よりも大切にしているのです。
ひと口に「木」と言っても様々ありますが、セレクタではドイツ国産の木材を使い、しかもカエデのような目の詰まった木を好んで使います。丈夫でひずみにくいからですが、それは同時に長期間使えるため過剰な木の伐採を防ぐことも意味します。

安全と品質にこだわる

安全性に十分配慮することはおもちゃメーカーの使命とも言えるでしょう。セレクタ製品の鮮やかな色彩は、毒性のない水溶性の塗料で染色されたものです。さらに幼い子供向けの製品にはビーワックスを使います。「ビーワックス」とはみつばちが作り出す「ロウ」のことですが、表面をビロードのようになめらかにするだけでなく、天然の香りが子どもの感覚を心地よく刺激します。ビーワックスを使用しているおもちゃには、はちのマークがついています。科学ワックスに比べコーティング力が弱いため、色落ちすることが全くないとは言えません。けれども自然素材にこだわるセレクタの姿勢の方をこそ評価したいと思います。プリントの技法で特質すべきはセレクタが独自に20年を開発してきた「TDプリント」です。この技法は特殊な紙に印刷された絵柄を木の板に直接熱転写するもので、光沢のある明るく美しい色使いの絵が生き生きと印刷されます。唾液による色落ち、表面の傷を防ぎ、乳幼児があそぶ木製品にとってうってつけの技法と言えるでしょう。「セレクタアルバム」・「パズル」・「絵カード・ゲーム」などにこのTDプリントが施されています。
品質管理についても、長年の経験を生かし自社内で整備した管理基準マニュアルに従って製造し、ヨーロッパの安全管理基準に合格したものばかりなのはもちろんのこと、必要に応じて安全性を確証するために社外の権威ある専門機関によるテストも受けています。

イノベーションにこだわる

創業以来ゆるがない哲学を大事にしながらも、常に新鮮なアイデアを求め、斬新な展開を提供するおもちゃやゲームを開発することで、現代の子供たちの成長に携わっていこうとする「イノベーション(革新)」の姿勢が近年のセレクタには顕著です。この努力は専門家の間でも定評を得、数々の賞を獲得しました。
とくにゲームの分野での活躍はめざましく、ドイツの子ども向けゲーム・オブ・ザ・イヤーを‘02、‘03と続けて受賞しました。これはおもちゃメーカーのみならずゲームの専門メーカーが多数あるドイツにおいて異例の快挙と言えます。またイノベーションのひとつとして、古くからあるものに新しい発見を与えるという考えが様々なジャンルの製品に表現せれています。

セレクタ、これから

これまでセレクタが力を注いで開発してきた製品は、大きく次の4つのジャンルに分けられます。生まれてきて初めて出会う身近な世界としての「赤ちゃんから幼児のおもちゃ」、常に斬新なアイデアが楽しい「ゲームあそび」、バリエーションに富み子どもたちの目が輝く「ドールハウスシリーズ」、そして子どもがすごす空間にいつもセレクタをという願いをこめて「子どもたちの世界」。さらに2006年セレクタは、この「子どもたちの世界」にKinder(t)raumeという新しいコンセプトを打ち出しました。Kinderは子どもRaumは部屋・空間という意味のドイツ語ですが、そのあいだにtを加えると「子どもの夢」を表す単語になるからおもしろいですね。

株式会社ジョルダンがセレクタ製品を初めて日本に紹介したのは30年前。その頃は古い工場に10人ほどが働く小さな会社であったということですが、今ではドイツ木製玩具業界の重鎮、ヨーロッパのおもちゃ専門店ではセレクタのマークとシンボルカラー「ブルー」を必ず目にするといっても過言ではありません。こんなロケーションの会社で、こんなこだわりをもって作っているのだな、とセレクタを身近に感じていただけますように。




株式会社ジョルダンのカタログより引用しております。

ハバ社(HABA)

ハバ社(HABA)について

ドイツ・フランクフルトから東へ列車で3時間、山城で有名な観光地コーブルクの近くのローダッハという小さな町、ここに従業員1,200名を誇る大きな会社「ハバ社」はあります。「子どもたちのための発明家」と自らを紹介するハバ社。
1938年創業以来、おもちゃ、ゲーム、家具、そしてアクセサリーなどすべての年齢層の子どもたちのために発明し、提案しています。企画・デザインはもいろん、どんな木製部材もすべて自社で作るまさしくドイツのマイスター精神が息づいているハバ社、そのハバ社にとって「良いおもちゃ作りに欠かせないもの」・・・・それは

※何よりもまず楽しいこと、そして飽きずに楽しめること

※子どもと長く付き合える”良い品質”を追求すること

※おもちゃに合った最良の素材=原料を使うこと

※言うまでもなく・・・・・安心して与えられる”安全性”

ベビートイから家具まで「子どもを取り巻く全てのもの」を手がけるハバ社ですが、中でも積み木を代表するハバ社の木製玩具は、質にこだわりアイデアに富んだアイテムがそろっています。

手作り職人の心意気

ハバ社のおもちゃの高品質を支えているのは、3年間の研修を経て木工技師マイスターとなった工場スタッフ。大型の精密機械が並ぶ工場ですが、すべての人が「高品質を目指す」気持ちでいっぱいです。だからこそ、机の板や積み木はもちろん、直径5mmほどの小さな小さなビーズまですべて自社の工場で作るんだ、という姿勢にも納得させられます。
工場のだれもがハバ社のおもちゃが日本でも人気があることを知っています。彼らは言います。「遠く日本でも自分たちの作ったおもちゃが喜ばれていることは、私たちの名誉である。」私たちにとってもそんなハバ社のおもちゃを日本に紹介できることはとてもうれしいことです。

デザインチーム

忘れてはならないのは優れたデザイン力です。
そのデザインチームのまとめ役がデビンガーさん。彼は「デザインは美しさや機能だけでなく安全性に最大の関心を払わなければならない」といい、絶えずより高度の安全を求めています。(ちなみに組立てクーゲルバーンのデザインは全て彼の手から生まれました)
また近年、注目されているデザイナーはイネスさん。彼女のデザインするおもちゃはほっと心がやすまる暖かさを持っています。(中でもラトル・ピロやバリーノはドイツのデザイン賞を受賞しています)
子どもたちからアイデアとヒントを得、そこからおもちゃが生み出されることも少なくないとのこと。これから新たにどんなアイディアがおもちゃになるか、楽しみです。

基尺について

「基尺4cm」とは、積み木の基本形が1辺4cmの立方体だということ。
カタログに載っている白木の積み木・組立てクーゲルバーン・アムステルダムは、全て基尺4cm。
基尺がそろっているので、形は様々でも組み合わせは自由自在です。

面取りについて

積み木には面取り(角を削り取ること)をしているものとしていないものがあります。
●面取りなし・・・積み上げた面がでこぼこせず、より安定よく積むことができます。
●面取りあり・・・積み木の角が鋭利になることを防いでいます。けれども積み木としての機能と美しさを損なわないよう最小限にとどめられています。





株式会社ジョルダンのカタログより引用しております。

ベック社(BECK)

ベック社(BECK)について

ベック社はドイツの美しい町、ウルム郊外にあります。
クーゲル(=玉)バーン(=道)に代表されるように、「転がる」仕掛けのおもちゃを、創業以来作り続けている会社です。
木はドイツのブナやカエデを使い、釘打ち・色塗りまで「全て手作業」であることに誇りを持っています。もちろん私たちにとっても、これらのおもちゃは欠かすことのできない”ベストロングセラー”です。
成長の過程で子供たちが何を望んでいるか、どんなおもちゃを必要としているかをしっかりと踏まえて、頑固にまでスタイルを変えずこれらのおもちゃを作り続けている”ベックファミリー”・・・そのおもちゃ作りのポリシーと子どもたちへの思いは、見事におもちゃが表現している・活かしていると言っていいでしょう。単純な繰り返しだからこそ子どもの遊びが広がる、そのことをちゃんと知っている骨のあるおもちゃメーカー・ベック社が頼もしく感じます。

「5年生になった息子の部屋から、今でも時々チロリロリンって聞こえてくるの」。

そんな話を聞くにつけ、ベック社のおもちゃは、心地いい音や動きで多くの人の五感を楽しませてくれることを実感しています。これからもポリシーを変えることなく、おもちゃを通して遊びの楽しさを伝え続けてくれることでしょう。






株式会社ジョルダンのカタログより引用しております。

シャーフ社(SCHAAF)

シャーフ社(SCHAAF)について

工業大学出身で建築分野の研究職についていたこともあるというシャーフ氏ですが、もの作りへの願いを捨てきれず、自分の子供のためにおもちゃを作り始めたそうです。「できる限り簡素なデザインと調和の取れた色使いを目指している。」とシャーフ氏は言います。それは、赤ちゃんという幼く尊い生の、敏感さ、繊細さを大切にしたいという思いがこめられた形にはかなりません。

株式会社ジョルダンのカタログより引用しております。

ページトップへ